阿部譲(あべゆずる)被告懲役11年!顔画像やFacebook・会社名なども明らかに!

本日12日、女児4人に対し乱暴などをし、強制性交の罪などに問われてたとして山形市の広告代理店社長、阿部譲被告(35)が懲役11年の実刑判決が言い渡されました。

今回は阿部被告の顔画像やFacebook、また事件内容や要因などについて詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

概要

FNNの取材に、「女性の心を利用して、こういった犯罪に及んだということが、とてもわたしたちは悪質で許せない。阿部譲(被告)は、ひきょうでこうかつで根っからの悪人だと思う。シングルマザーの子どもを狙った犯罪ですので…」と怒りをあらわにしたのは、被害に遭った女の子の母親。

相手の人物は、女児4人に乱暴するなどし、強制性交の罪などに問われている山形市の広告代理店社長・阿部譲被告(35)。

12日、懲役11年の実刑判決が言い渡された。

2014年6月から2018年3月にかけて、当時、4歳から9歳までの女児4人に対し、乱暴やわいせつな行為をしたとされる阿部被告。

犯行時、裸の画像をスマートフォンで撮影するなどしていた。

阿部被告は当時、複数の女性と交際し、相手の娘を預かるなどして、会社の事務所などで犯行に及んだとされている。

以前、阿部被告に離婚の相談をしていたという別の被害女児の母親は、「自分の都合で離婚して、子どもにも寂しい思いをさせているというのはすごくあったので、(阿部被告から)『自分なら助けてあげられるよ』というようなことを言われると、1人で頑張らなくてもいいんだなと思ってしまって、そこにうまくつけ込まれたのかなと」と話した。

そして、阿部被告は母親に対し、「彼から(娘を)『預かるよ』というような発言が何度もあったような記憶がある。“この日忙しいんだ”ということを話題にすると『じゃあ預かろうか?』、『この時間1人にさせてあげるよ』というようなことは、口癖のように言っていた」と話した。

母子家庭を狙い、力になりたいと接近してきたという阿部被告。

これまでの公判で、被告は、わいせつな行為を認める一方、乱暴する意思はなかったと主張。

12日の判決公判で、山形地裁は一部乱暴する意思を認めなかった一方で、「ゆがんだ性的欲求から14回にわたって、わいせつな行為を繰り返した」として、懲役11年の判決を言い渡した。

この判決に被害女児の母親は、「(懲役11年は)短いと思う。わたしたちの娘が小さいころに受けた被害、そのあと11年男が刑務所に入っていたとしても、ちょうど(出所が)恋愛する時期なんです。その時期にきっと苦しむと思う」と話した。

阿部被告の弁護人は、本人と面会し、控訴の意思を確認するとしている。
引用:FNN

こんな小さな子供に性的行為の事件が起こるなんてありえないですね。

何故このような事件になってしまったのでしょうか?
今回のこの女の子4人の子だけで済んだのでしょうか?
もっと被害にあった子はいなかったのか怖いですね。

阿部譲被告のプロフィール

名前 阿部譲(あべ ゆずる)
年齢 35歳
職業 広告代理店社長
住所 山形県清住町

阿部譲の顔画像、Facebook

阿部被告の顔画像はニュースでも報道されています。
その画像がこちら。



出典:FNN

見た感じは真面目なように見えます。
この男が乱暴などをするようには見えませんね。

Facebookは?

Facebookに関しては調べてみましたが、「阿部譲」のアカウントがいくつもあった為本人と一致することが出来ませんでした。

気になる方は検索結果を載せておきますので確認してみてください。
→阿部譲検索結果はこちら

スポンサーリンク

阿部被告の口癖「預かろうか?」

阿部被告は2014年6月~2018年3月にかけて当時4歳~9歳までの女児4人に対し乱暴やわいせつな行為をし、裸の画像をスマートフォンで撮影などをしたそうだ。

当時阿部被告は複数の女性と交際していたという。

別の被害女性からの声で
子供にさみしい思いをさせているのではないか、など相談をしてみると「自分なら助けてあげるよ」などの声をかけられたり、“この日は忙しいんだ”という話題が出ると「預かろうか?」「この時間一人にさせてあげるよ」などと口癖のように言っていたという。

被害女性は離婚して子供にさみしい思いをさせてるのか真剣に悩んでいたので、こんな声をかけられ、「一人で頑張らなくてもいいんだな」と思ってしまってうまくつけ込まれてしまったとコメントしている。

阿部被告はわいせつな行為は認める一方、乱暴する意識はなかったと主張。
「ゆがんだ性的欲求から14回にわたりわいせつな行為を繰り返した」として懲役11年の判決を言い渡した。

11年という期間は短すぎるとの声も上がっている。

事件要因はなんだったのか?

事件要因については明らかになっていません。

予測にはなってしまいますが

  • 子供が欲しかった
  • 子供時代に虐待などの経験があった
  • ロリコンであった

などが予想されます。

事件現場、阿部被告の会社が明らかに!

事件現場は会社の事務所などで犯行に及んでいたとニュースに報道されていました。

阿部被告の会社を調べてみたところ、ニュースで報道されていた阿部被告と同じ画像が貼ってあるサイトをみつけました。その会社名が・・・

会社名:株式会社 J Master
住所: 山形県山形市松栄1-3-8

阿部被告の家族は?

35歳という年齢もあり、一度結婚をしているのではないか?
と疑問に思い検索してみましたが、阿部譲被告の家族構成は出てきませんでした。

ただ、見ている限り、独身の可能性が高そうですね。

ネットの反応

・娘も息子もだけど、子供と一緒に、としつこく誘う男は怪しい
子供は別で母親と会いたいという男が普通は多いのだが、だからといって無理にこういう男と一緒に暮らすと子供が殴られるほうの虐待をされたりする
再婚してうまくいく家庭もあるけれど、シングルマザーは子供が自立するまでは、子供は別で恋愛したほうが安全なのは確か
助けてくれるという男性には、子供を交えず金銭面を助けて貰えば良い
本気なら待ってくれる
・被害女児達のトラウマを思うと
胸が痛むね去勢求む
・11年は短すぎ
女の子のお母さんは本当に気をつけないと。
世の中幼児が性の対象の男性は思うよりものすごく多いです。
出来れば子が独り立ちするまでは、女ではなく母親でいた方がいい
・私もシングルマザーとして誰かに頼りたいなと思ったことはあるけれど、このご時世誰も信じられない。信じられるのは自分だけ。子供が自立するまで恋をするなとは言わないが自分中で会わせるべきではないと思う。そういう人だけではないとは思うけれどそこまで用心しないといけないのはまず母親。
11年?
桁一つ増やして110年でいいと思う

引用:Yahooニュース

スポンサーリンク

まとめ

今回被害にあった女性とお子さんの傷は深く傷ついています。
何故このようなことになったのか、今後このようなおきない為にこの11年間で何をしたらいいのかしっかり反省してほしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする