Amazonと楽天 どっちがいいの?実はこんないいメリットが・・・

皆さん、通販サイトである「Amazon」「楽天」は人生で一度は使ったことがある方が多いでしょう!
どちらが使う頻度は多いですか?
ちなみに私は楽天の方が断トツで多いです。(笑)


出典:kobakaikei.com/?page_id=632

たまに検索して気になることがありました。
Amazonの方が安い時もあれば、楽天の方が安い時もある気がして、実際にどっちを使った方がいいのでしょうか?

スポンサーリンク

今回は「Amazon」対「楽天」でそれぞれの良さをお伝えしていきたいと思います。

Amazon・楽天のメリットとデメリット

まずはAmazonと楽天のメリットとデメリットを紹介していきましょう。

Amazon


出典:fontmeme.com/ja/font-amazon/

メリット
・検索がしやすい(欲しいものが見つけやすい)
・購入後DMメールが来ない
・レビューが信用できる
・配達速度が早い
・返品が簡単
・中古品の揃えは多い
・(Amazon会員であれば)送料が無料

というメリットが出てきました。
以外斗多くのメリットがありますね!
それではデメリットはどうでしょう。

デメリット
・ポイントが全然つかない
・サービスを使うのであれば会員登録が必要

というデメリットでした。会員登録は年間3900円(税抜)になります。
ただ、月額計算すると325円(税抜)になるのでそう考えると安いでしょう!
そして、Amazonの会員。通称Amazonプライムに入ると映画やドラマ見放題。音楽聞き放題。本が読み放題。など他のサービスも充実していますので、これで年間3900円は安いと思います。

楽天

それでは楽天のメリットをお伝えしていきましょう!


出典:t011.org/company/129003.html

メリット
・とにかくポイントがめちゃめちゃ貯まる。
・ポイント10倍の時もある。
・店舗間での競争が激しく安く購入できることがある。
・商品の詳細がしっかり書かれていて見やすいしわかりやすい。
・キャンペーンが多い。
・商品の写真が多くて見やすい

という結果でした。とにかくポイント還元がすごいということですね!確かに今現在私も楽天カードを使用していますが、以前セゾンカードを使っていて使用年数がはセゾンカードを使っていたころに比べてまだ、追いついていないですが、ポイントに関してはもう完全に追い越しています(笑)
楽天カードは100円につき1ポイント換算になります。
なので、楽天で購入すればなお、お得になりますが、公共料金の支払いなども楽天カードにすればすごいポンとがすぐに貯まりますよ!
それではデメリットについて紹介していきましょう。

デメリット
購入するたびにメルマガが増量して届く。
・商品事にお店が違うためページの背景も変わり目が疲れる。
・レビューが信用できない
・基本送料がかかる。

というような形でした。
このようにAmazonと比べるとどっちにもいいとこと悪いところがあることがわかりますね。
「安く購入するにしてもポイントが付けば結果的に安いから、楽天。」「でもレビューに信用できるのはAmazonなので失敗が少なければ少ないほど安く購入できる。」というような意見の方も多いでしょう。

結果的には、自分に合った通販サイトで購入するのが一番ということですね!

Amazonと楽天配達速度


出典:lowch.com/archives/10694

Amazonと楽天ではどちらが配達速度が速いでしょうか?
比べてみました!

Amazonでは・・・
当日お急ぎ便(午前中のご注文)→その日に発送その日に到着。
お急ぎ便→ご注文してから3日以内に到着
通常配達→発送されてから1日~4日以内に到着。

楽天では・・・
Amazonのような表が探してもなく楽天ではその商品を売っている会社ごとに違うということでした。
ただ、基本的には「あす楽」というもので注文をかけると翌日配達をしてくれる。
他の会社を見比べても早くて午前中に注文をかけ翌日発送されることが多いことがわかりました。

Amazonではお金がかかってきますが、一番早い配達をしてくれることがわかりますね!

スポンサーリンク

楽天とAmazonについて

楽天とAmazonの商品経路は皆さんご存じでしょうか?

今までの記事の中からでも、また、皆さんがAmazonか楽天で買い物をしているときにも見ていると思いますが、楽天は商品によって背景が変わったりしますよね?
Amazonと楽天は出品の仕方が違うのです。

少し詳細をお話ししていきたいと思います。

Amazonと楽天

Amazonは欧米生まれのネット通販です。
それによって日本だけではなく外国の方まで幅広くユーザーがいます。

そして、簡単に言葉に表すと「ビックショッピングセンター」というようなものになります。


出典:saruwakakun.com/life/amazon/rakuten

それに比べ楽天は日本生まれのネット通内です。
Amazonに比べ海外まで発達がしていないため、ユーザー数は少なくなります。
ただ、日本では野球の球団を持っているということから、とても有名です。

Amazonが大きいショッピングセンターだったことに対して楽天は数多い商店街のようなものです。


出典:saruwakakun.com/life/amazon/rakuten

なので出品する方が出品する場所を確保することが必要になり、そのお店がたくさんあることにより楽天が出来ています。

楽天かAmazonで商品を購入するとき

どっちで買った方が安いだろう?
どっちも出品されている時もありますよね?


出典:www.hokende.com/news/blog/entry/exwriter/099

先ほどポイントが多いのは楽天・送料がかからないのはAmazon。ということもお伝えしてきましたが、それ以外にも決断する方法があります。

Amazon・・・商品の検索のしやすい
楽天・・・写真が多すぎて商品見ずらい。ただ、関連商品がすぐ見れる。

Amazon・・・電化製品など高い商品はAmazonのほうがレビューを信用しやすい。ただ、商品説明が書いていないことが多い。
楽天・・・Amazonに比べレビューを信用できない。商品説明が細かく書いてある。

簡単な比較ですが、レビューは結構大事にもなってくるのでレビュー重視の方はAmazonのほうがいいかもしれませんね!

余談ですが、衣類を購入するときは楽天。本や電化製品を買う場合はAmazonというようなこともほかの方の記事でみましたのでそれも参考にしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?
なかなかこうやって見比べることはないと思いますが、これで必要に応じてどっちの通販サイトを使ったほうがいいかわかりますね。

実際私みたいに楽天しか使わない人はAmazonのいいところをここで知り、Amazonしか使ってない人は楽天を使ってみるいいきっかけになるといいですね(^-^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする