アレクサどんなことするの? どうやって電気つける?解説します!

皆さん、TVで「アレクサ、電気けして。」「はい、かしこまりました。」といってアレクサに話しかければ電気を消してくれたり、注文をかけてくれたりすごく画期的なものを見たことはありませんか?


出典:shigotonadeshiko.jp/157916

そして、知っている方は「どうやって電気がついているんだろう。」
「どうやって注文できるんだろう」と思ったことはないでしょうか?

スポンサーリンク

今回はアレクサのことについて、電化製品の電源ON/OFFの構造についてお話していきたいと思います。

「アレクサ電気けして。」どうやって消えるの?

今、主流になってきているアレクサやアマゾンエコですが、話欠けることで、電気を消してくれたり、つけてくれたり、エアコンなどの操作をしてくれます。

その操作を出来ている理由は「スマートリモコン」という商品で成り立っています。


出典:smartio.life/smartspeaker/faq/amazon-echo/kaden-iot/

この商品はスマートフォンで操作することもでき、外出中でも、エアコンの操作、商品によっては温度設定や今現在の部屋の温度を確認しエアコンをつけることもできるようになっているというものもあるそうです。
なので、アレクサに話かけてつけることもできますが、スマートフォンからの操作も可能になっているということです。
経路としては

アレクサ→スマートリモコン→電化製品電源ON/OFF

スマートリモコンが使える製品。
【テレビ・エアコン・照明・空気清浄機・オーディオ・レコーダーなどなど】
スマートリモコンの種類によっても使えるものが変わってくるそうです。

スマートプラグ

これは電源差込口に操作機能がついているもの。
リモコンがついていない家電製品の電源を付けることが出来るものです。


出典:smartio.life/smartspeaker/faq/amazon-echo/kaden-iot/

例えば【加湿器・卓上ライト・関節照明・扇風機などなど】
物理的に電源ON/OFFの機能があるものだったら使えるそうです。

ボタンロボット

ほかにもボタンロボットというものがあります。


出典:smartio.life/smartspeaker/faq/amazon-echo/kaden-iot/

これはスマートフォンから操作することによって、機械が動き、ON/OFFのボタンを遠隔操作で押してくれるという機械である。
もちろんアレクサに頼むこともできます。
対応家電は【コーヒーメーカー・壁についている照明スイッチ・パソコン・モニターなどなど】もともとリモコンがない製品でもつけることが出来る商品です。

アレクサにできること。

よくTVのCMで注文をかけたり電気をけりたりそのような機能はみていますが、ほかにもアレクサにはできることがたくさんあります。

アレクサにはスキルというものがあり、スマートフォンで設定をしていきます。
アレクサのスキルはスマホでいうアプリです。
なので、アレクサにアプリ機能を入れていくようなイメージですね!

その設定が終わったら話かけてみます。このように話かけてみましょう!という一覧で紹介していきたいと思います。そのものによっていろんなスキルがありますので、使うものによって必要なスキルをいれていってくださいね(^-^)

音楽機能

  • 「アレクサ、〇〇(歌手名)の曲かけて」
  • 「アレクサ、音楽かけて」
  • 「アレクサ、J-POPをかけて」
  • 「次の曲かけて」「リピートして」
  • 「アレクサ、音楽止めて」

いろんな質問

  • 「アレクサ、富士山の高さは?」
  • 「アレクサ、6畳は何平方メートル?」
  • 「アレクサ、(国)の首都はどこ?」
  • 「アレクサ108+325は?」

アレクサと遊ぶ

  • 「アレクサ、歌を歌って」
  • 「アレクサ動物の鳴き物まねして」
  • 「アレクサ、なぞなぞだして」
  • 「アレクサ、好きな色は?」

やることリスト・買い物リスト管理

  • 「アレクサ、買い物リストに水追加して」
  • 「アレクサ。やることリストに掃除をついかして」
  • 「アレクサ、買い物リストにはなにが入ってる?」
  • 「アレクサ、やることリスト読み上げて」

そんなことまでできるんだ。と思いますよね。
今iPhoneのsiri以上にできることが多いですね!

スマートリモコン一番人気はこれ!

ズバリ、Nature Remoです。どこ見てもこの商品が一番と書かれていますね!


出典:nature.global/

すごくスタイルもかっこよくおしゃれですよね。
中の機能もすごくすぐれているそうです!

ただお値段はやはり少し高めです。
もっと安い商品もたくさんあります。
でも安いのは安いなりの製品ですね、、、

では、スマートリモコンを購入する前に重点に置くポイントをお伝えします。

  • スマートスピーカー連携に対応しているか
  • デザイン・スペックに優れているか
  • 各種センサーがあるか
  • シーン(マクロ)機能があるか

このような点に気を付けなければいけないらしい。
これがすべてそろっているのがNature Remo。

Amazonの値段でも1万ちょっとのお値段ですが、6000円ぐらいの商品もあるのでいろんな商品を見て決めてみてください(^-^)

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アレクサ、こんなに人気だけど何すんの?という疑問はとけたでしょうか?
ただ、とっても画期的ですよね!

今ドローンで荷物を運んだりいろんな技術が進んでいるなか、こんな商品が出てくると将来どんな商品が出てくるか楽しみですね!(*’▽’)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする