阪神・原口Twitterで大腸ガンを告白!応援エール多数集まる!山本彩も!

速報ニュース

阪神タイガース・原口文仁捕手が24日、自身のTwitterにて昨年末に受けた人間ドッグで大腸がんが見つかったことを報告しました。

詳しい内容をまとめました。

 

スポンサーリンク

 

概要

 

阪神の原口文仁捕手(26)が大腸がんを患っていることが24日、分かった。本人が自らのツイッターでがんであることを明かした。球団サイトで大腸がんの診断を受けたことが報告され、近日中に手術を受ける予定で、春季キャンプには不参加。今季中のプレー復帰を目指す。

引用:スポニチアネックス

 

実際に本人のツイートがコチラになります。


まだ、26歳とこれから選手としてのピークを迎えるタイミングでガンが発覚して、きっと本人が一番ショックのはずです。

しかし、ファンや仲間、家族のためにガンと向き合い戦う姿勢を見せてくれた原口選手。

必ず病気に打ち勝ってまた、甲子園のマウンドに戻って来るはずです!

 

スポンサーリンク

原口選手のプロフィール

 

名前 原口文仁
生年月日 1992年3月3日(26歳)
身長 182cm
体重 92kg
投球・打席 右投げ・右打ち
ポジション 捕手・一塁手
プロ入り 2009年 ドラフト6位

 

原口選手の成績は?

原口は09年ドラフト6位で帝京から入団。12年オフには育成選手契約となるも、16年4月27日に支配下再登録を勝ち取るとパンチ力のある打撃でブレークした。この年は規定打席にはわずかに届かなかったものの、打率・299、11本塁打46打点の好成績。育成から瞬く間に主力へと駆け上がり“シンデレラボーイ”と呼ばれた。

昨季は代打の切り札に定着。8月途中まで代打で打率5割超を残すなど驚異的な勝負強さを発揮した。9月中旬に左手を骨折しながらも10月5日の中日戦で強行復帰し、桧山進次郎氏に並ぶシーズン23本の代打安打数の球団タイ記録をマーク。今季も正捕手を目指しながらも、代打としても期待されていた。

引用:スポニチアネックス

昨季は、チームが最下位という結果の中で原口選手は代打という役割をきっちり残していましたので今季離脱となるとチームとしては大きなダメージになりそうですね。。

しかし、原口選手のためにも他の選手達が奮起してほしいですね!

原口選手への応援エールまとめ

阪神ファンで有名な元NMB48の山本彩さんもエールを送っています。

 

ネットの反応

原口…まじかぁ…

早期だったのかなぁ。
怪我とかじゃないぶん、復帰しやすいのかも?

ただ、術後も抗がん剤とかも飲むよね。
体力的な部分も復帰が遅れるのかなぁ。
キャンプに出れないのが痛いがオフでよかったのかもしれない。

根治しての復帰、待ってます

阪神は横田に続いて原口と病気に悩まされてるね。
下手したら来年は育成になってしまうかもしれないけど、甲子園で復活のパッチを再び見たいね。

なんで一軍キャンプに入ってないんだろうと思ってたらこんなことになっていたのか。
時間はかかると思うけど一日も早い復帰を願っている

まだ20代半ばなのに、かわいそうすぎる・・・。横田くんもだけど、
焦らずしっかり治療して、復活してほしい。ずっと応援してるから。

引用:yahooニュース

 

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ガンは早期発見であれば、完治の可能性は高まります。

原口選手には焦らず、しっかり治してまた復活した姿で活躍してほしいですね!