橋本拓也容疑者 3回目の逮捕 以前の犯行内容について調べました!

速報ニュース

2018年12月2日にあった事件です。
出会い系サイトで知り合った女性を車に乗せ乱暴をしたとして男性の49歳(橋本裕也容疑者)が逮捕されました。

被害者は21歳の女性で神戸市中央区の出会い系サイトで知り合いであったという。
ドライブ後に4時間監禁し乱暴をくわえたとのこと。


出典:日テレニュース

 

スポンサーリンク

 

事件概要

出会い系サイトで神戸市中央区で知り合った女性を車に乗せて監禁し、車内で乱暴したとして49歳の男が逮捕されました。

監禁・強制性交等の疑いで逮捕されたのは兵庫県洲本市の会社員・橋本拓也容疑者です。橋本容疑者は2日、神戸市中央区で出会い系サイトで知り合った21歳の女性を車に乗せ、洲本市までドライブした後に車内で約4時間、監禁して乱暴した疑いが持たれています。警察の調べによりますと、女性が「食事だけのつもりで会った」ものの、橋本容疑者が「裸にして山に捨てるぞ」などと脅し、乱暴したということです。橋本容疑者は、おおむね容疑を認めてるということです。橋本容疑者は10月にも出会い系サイトで知り合った20代の女性を車に監禁し、車外に転落させて重傷を負わせたとして逮捕されています。
引用:日テレニュース

警察の調べによると21歳の女性は「軽い気持ちで食事のつもりで会った」とのこと。
その中橋本容疑者は「裸にして山に捨てるぞ」などの暴言を吐き乱暴したとのこと。

ドライブをしたといっていますが、どこにどれぐらいのドライブに行ったのでしょう。
その後4時間の監禁というのもすごく長い時間よく頑張りましたね。

事件場所

橋本容疑者の自宅もあると思われえる兵庫県洲元市で犯行はありました。
細かい場所は調べてもわからなかったので、大まかな場所だけ記載していきます。

住所 兵庫県洲本市
マップ

橋本拓也容疑者 今までの犯行


出典:日テレニュース

2015年12月 監禁の疑い
2018年10月 監禁の疑い
2018年12月 監禁の疑い 乱暴などの疑い

このような犯行履歴がありました。
何回も同じことを繰り返していますね。
今回の逮捕は重くないと逮捕の意味がなさそうですね。

少し細かな内容を話していきます。

2015年12月の犯行

約二年前のお話です。
ここでも出会い系サイトで知り合った女性が監禁され逮捕にいたりました。

女性は20代であった。
出会いは2015年の11月とのこと。
1か月前に出会っているのでこの時まで犯行はなく会っていたのでしょうか?

この時の橋本容疑者の脅かし文句があったそうだ。「俺は人身売買組織の人間だ」

この時の被害者女性は香川県坂出市にある大型量販店に行くように頼み、着いた時に好きを狙って店に駆け込み助けを求めたそうだ。

2018年10月

二か月前の出来事。これもまたもや同じ犯行です。
出会い系サイトで出会った女性を放り投げ負傷を負わせているとのこと。
とても乱暴的ですね。

ネットの反応

ネットではこのような声が上がっています。

・10月にも逮捕されている・・極刑でお願いします。

・前回の逮捕からわずか2ヶ月とは…精神鑑定されず厳罰にしてほしい。女のほうも軽はずみだとは思うが、そういうサイトはこうした事件事故もありうることが予測できなかったかな?

・素性もよく知らない人の車に簡単に乗ったらいけないってことを身をもって経験したね。21歳の女の子、怖かっただろうけどこれで凝りたでしょう。命があってよかった。まだ若いんだから出会い系なんかじゃなくてもいくらでも出会いはある。

・出会い系ってこわいね
最近話題のパパ活とかも軽い気持ちでしたらこんな怖い目にあったりするかもしれない。
安易な出会いは自分の身を滅ぼす危険もあること感じよう!

・性犯罪者は、必ずと言ってよいほど再犯の可能性が高く、繰り返すほどエスカレートするので罰を重くするしか対策は無いと思う。
この犯人も最初に車から転落させた時点でGPS埋込み監視対象とすべきだった。
許さないと言う國の決意が重要。
引用:日テレニュース

最近はネット社会になっているということもあり、軽い気持ちで何でもするようになっている。昔より怖い世界になっているということだ。
2回目の犯行の時点で何故罪は重くならなかったのであろう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今はパパ活なども流行ってきているというのもネットでちらほら見るようになっています。
この事件のことも考えるととても怖いですね。
何をされるかわかりません。

でも出会い系サイトは必要なもの。

使う際には、代理店など中間に第三者が入るような出会い系サイトの者を使うと安全なのではないかと思います。

今の時代、簡単に軽い気持ちで人と会うのは危険な行為ですね。
今後はこのような事件が減っていくことを祈ります。