災害時には電話よりもLINEの方がつながる?!

国内ニュース




今回6月18日に大阪であった震度6弱の地震があったことにより、LINEでの連絡が繋がりやすいという記事がありました。
みなさんもそうだと思いますが、普段と友達との連絡、会社での連絡というように様々な方法で使っていると思います。
今までのメールや電話のように…

いままで地震が起こったとき、「電話も繋がらない。」「メールも届かない。」
果たして、家族は友達は無事なのか。連絡が取れるまでとても心配になります。
LINEもみんなで一斉に連絡をしたら繋がらなくなるのではないか。

実際に地震が起きたとき、どんなことをしたらいいのか、LINEはどうやって使うと一番いいのかを調べてみました!

災害が起きた時のLINEの使い方

皆さんだいたいの方が毎日使用しているかと思いますが、意外とLINEの仕組みを知らない方もちらほら・・・。
ということでいくつか、被害にあった時使える設定等をお伝えしていきます!

自分の居場所を教える

LINEの中に自分の居場所を伝えることが出来る機能があることをご存知でしょうか?

もし、被害にあった際GPS機能をONにしていれば、家族と離ればなれでも「今自分はここにいるよ!」というサインを発信することが出来ます。
また、家族でのグループを作っていればみんなで一斉に共有することも出来て一石二鳥ですね!

LINE災害連絡サービスで安否確認

大規模の災害が起こると自動的にLINEから通知が来るようになっているそうです。
個別で連絡が取れなくなった時でもこの機能を使えばLINEの友達である皆さんに安否確認の情報が伝えられることが出来ます。

LINEからこのようなお知らせがくるそうです。

出典:LINE 公式ブログ

「被害があります」 「無事です」 「被害地域に居ません」

この3つが選択できるようになっていてタイムラインですぐに知らせることが出来るようになっています。
家族以外にも親戚や友人恋人等にも一斉に知らせることが出来るのはとても助かりますね!

LINEはコミュニケーションが主に思われがちなアプリですが、実はLINEが作られた背景には東日本大震災が関係しているそうです。東日本大震災があった2013/03/11の時にはまだLINEはありませんでした。この被害があったとき『大切な人と連絡が取れるサービスが必要だ』との思いでLINEが開発されました。

こういったことから被害にあった際にすぐ使えるようになっているそうです。

災害時の家族との連絡方法

家族と災害に合った時にはこういう行動をする。ということを前もって決めておくことを話あっておきましょう!

LINEでの連絡方法はお伝えしましたが、電話でも連絡が取れる方法があります。

NTT災害用伝言ダイヤル「171」

この171に電話すると災害時に使える伝言板に繋がります。
ここで家族みんなで共有できますね!
毎月お試しが出来る日があるそうなので試してみてください。

毎月1日・15日…24時間

正月三が日…1日0:00~3日24:00

防災週間…8月30日9:00~9月5日17:00

防災とボランティア週間…1月15日9:00~1月21日17:00

※変更されることがあります

引用:https://wakuwaku3.com/791.html

携帯電話用「災害用伝言板」

携帯電話サービスで各会社で提供しているものでWEB状で100文字までメッセージを残すことが可能になっています。
各会社ごとにアクセス方法等が異なりますので調べてみましょう!

災害時にLINE等のインターネット回線が繋がりやすい理由

災害が起こるとみなさんほとんどの方が電話が繋がらないですよね。

一番初めでもお伝えしましたが、電話が繋がらないことで家族や友人と連絡が取れないという困った状況になります。まずなんで電話が繋がらなくなるのでしょうか?

電話で使う回線は制限が決められております。この決められた制限を超えるとパンクして電話が繋がらない状況になります。パンクすると交換局や基地局の処理能力が低下していきます。こうなると110番・119番・自治体などの通信にも影響がでて重要な通信も行えなくなり命に関わる事態になる可能性が大きくなります。

その為、LINEなどのインターネット回線を使って頂くことをお勧めします。
WEB回線と電話回線の違いを画像で説明していきます。
電話回線は以下のように1対1で使い切ってしまします。

出典;http://www.appbank.net/2013/04/21/iphone-news/587203.php

通話が増えれば増えるほど回線も増えてくるので、災害時にはパンクしてしまうことが多いのだそうです。

一方インターネット回線は以下のようにデータを1パケットごとに区切って送信します。

出典:http://www.appbank.net/2013/04/21/iphone-news/587203.php

回線を使う時間が短く済み、連続して送る場合でも、間に他の人が送るパケットを混ぜることができます。

これが、インターネット通信を使って音声をやり取りする LINEなどが繋がりやすい理由として上げられているそうです。

災害はいつ起きるかわかりません。
災害グッツ等の購入も必要ですが、このような連絡の方法手段なども理解し、家族みんなで共有することも必要ですね!