岩崎隆一顔画像が明らかに!生い立ちや事件要因についても詳しく調べてみました!

速報ニュース

昨日の朝28日におきた事件で男性岩崎隆一容疑者(51)が川崎市多摩区の路上で小学生6人と男性一人を刺し死亡。他にも児童16人が重軽傷を負った事件がありました。

今回は岩崎容疑者の顔画像やFacebook、また事件内容などのついても詳しく調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

事件概要

川崎市多摩区登戸新町の路上で小学6年の女児と外務省職員の男性が刺されて死亡、児童16人と女性が重軽傷を負った事件。事件後に自分の首を包丁で切って死亡した岩崎隆一容疑者(51)は、現場から西に約4キロ離れた川崎市麻生区内に住んでいた。

【写真】亡くなった小山さんは外交の最前線にいた。アウンサンスーチー氏の後ろを歩く

近所の男性(55)によると、岩崎容疑者は幼い頃に親族に引き取られ、地元の小中学校に通った。その頃は同居するいとこと遊ぶ様子を見かけたが、大人になってからはほとんど姿を見なくなった。

中学の同級生だったという同区内の男性は、岩崎容疑者について、おとなしい印象だけが残っているという。乱暴な様子もなく、クラスでは目立たない存在だった。「卒業後の同窓会に顔を出すこともなく、接点はなかった」と話す。

近くに住む40代の女性によると、岩崎容疑者は1年ほど前、女性宅から道路にはみ出していた木の枝にぶつかったとして、早朝に文句を言いに来たことがあった。対応した夫に、終始怒鳴り続けていたという。

その後に姿を見ることはなかったが、28日朝、最寄り駅の方に走って家を出ていくのを見た。黒っぽい服装に黒のリュックを背負っていた。その際、女性に向かって「おはようございます」とあいさつしたという。

朝日新聞社

引用:朝日新聞

何故このような事件が起きてしまったのでしょうか?

岩崎容疑者はなにかも目的があったのか。それとも恨みがあったのか。
事件の要因についてもまだまだ明らかになっていません。

詳しく見ていきましょう。

容疑者のプロフィール

名前 岩崎隆一(いわさき りゅいち)
年齢 51歳
職業 不明
住所 川崎市麻生区内

岩崎容疑者の顔画像、Facebook

顔画像

岩崎隆一容疑者の顔画像がニュースで公開されていました。


出典:日テレNEWS

学生の頃の写真でなかなかわかりにくいですが、また新しい情報が入り次第追記していきます。

Facebook

Facebookに関しましては「岩崎隆一」で検索をしたところ複数のアカウントが出てきたため本人を特定することが出来ませんでした。

気になる方は検索結果を載せておきますのでご覧ください。
「Facebook岩崎隆一」検索結果

 

スポンサーリンク

 

犯行動機は?包丁のは4本持っていた!

岩崎容疑者は何人も刃物で襲った後自分の首を刺したとして後を経ったとしてみられています。自分の首を刺してから数十秒で倒れたことも新たに分かったといいます。

事件当時は最初に小山智史さんを刺しその後次々と児童を刺していったという。

警察は調査を進めてはいるが、容疑者はもう亡くなってしまった為、本人の事件要因については今後も明らかにはならない可能性が高いです。

包丁は4本!30センチの包丁?

凶器とみられる包丁が2本見つかったがいずれも30センチにわたる柳刀包丁だということが分かったという。

そのほかにもリュックサックの中にワイシャツで包まれた包丁が2本見つかった。

柳刀包丁は刺身包丁の一種である。
物はこんなものである。


引用:ウィキペディア

家庭では使うことはほぼ少ないといっていいでしょう。
業務で使うような包丁で30センチとは意外と見てみるととても長い包丁である。

リュックサックに包丁が入っていたことから計画的な犯行とみています。

 

スポンサーリンク

 

事件現場

事件現場はこの周辺であることがわかりました。

登戸駅から25m離れた場所にあるそうです。

そんなに人通りは多くなく近くにはコンビニがあるそうです。

 

岩崎容疑者の生い立ちは・・・

ネット上では岩崎容疑者の生い立ちについてたくさんの情報が上げられています。

  • 岩崎容疑者は小学校入学前から片親だった
  • 学生時代はあまり目立つタイプではなかった
  • 今現在も祖父祖母と暮らしていた
  • 近所の評判はあまりよくない
  • 何かと怒鳴る

このような情報が上げられています。

昔から今現在まで複雑な気持ちで人生をすごしてきたのでしょうか。

 

ネットの反応

・一体どうしたら子どもたちの命を守れるのでしょう…NHKで専門家が「カメラの映像を解析して不審者を自動的に検出する」技術の可能性について言及していました。私が今住んでいるシンガポールは街中、監視カメラだらけ。慣れると存在を忘れますが、様々な犯罪の抑止力になっているとは言われます。今回のように自分の命を落とすことも恐れない

・テレビ報道の1つでは「小中時代から暴れていて、事件起こしても驚かない」といった同級生のコメントがありました。
これからどんどん詳細が報じられていくのだとは思いますが…
本人死亡では全てが推測に終始するのが虚しいです。

犯人にも同情すべき環境、あったのかもしれない。でも幼い女児を狙った犯行は、あまりにも卑怯でどんな陳情

・情報が徐々に出てくるのだろうが、いつでもどこでも起こりえるし対策のしようがない。非難したところで犯人は亡くなっているし、被害者とは接点はないだろうと推察できるから通り魔的な犯行なのだろう。まったく救いが無い。またこうした予備軍のような人も増えているだろう。保身をする手段を携帯する必要があるのかもしれない。

・う~ん、複雑な生い立ちがあるみたいだが、それが犯行を正当化するものではなし。
家族・友人を失った方々はやり場のない怒りしか残らない。

・犯人が死んでしまったので、はっきりとした動機を把握することが非常に困難になってしまいました。

大切な家族を失い、犯人がなぜこんなことをしでかしたのかもわからない…
犠牲になった方のご家族には、非常に酷なことになってしまいましたね。

引用:Yahooニュース

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回の事件でも多くの方がお亡くなりになられました。
悲しい事件ばかりでこのような事件が二度と起こらないような対策はできないのでしょうか?

次回はこんな事件がないことを祈ります。