セルフジェルネイル ワンカラーは意外と簡単!

さて、前回の記事で前処理のやり方をお伝えしていきました。
ここからが本番です。色を乗せたりビーズやシールを載せたり、応用できるようになれば、アートや模様を描くことにも挑戦できるようになりますね!

スポンサーリンク

一番初めのセルフジェルネイルはワンカラーのビーズ一個置くことが出来れば上出来でしょう(*^^)v


出典:hanazatsugaku.net/1180.html

この記事ではまずはワンカラーのやり方で紹介していきますので、ゆっくり作業を行っていきましょう!

まずジェルを塗る前に・・・

女性の 皆さんはマニキュアは人生で一度は塗ったことがある方が多いでしょう。
ただ、今までのマニキュアと同じように塗ってしまうとすぐ剥がれたり、綺麗には塗れません。

ここでジェルで気を付けることをまずはお伝えしていきます。


出典:nailpracticenotes.com/archives/626.html

  • ジェルを塗るときには筆45度の角度で塗っていきます。
    傾けすぎるとジェルが薄くなり、かつ、ムラになります。
  • 力は入れないように気を付ける。
    押し付けるとムラになります。
  • 筆の3分の1にジェルを乗せる。
    マニキュアのように液につけてそのまま出して塗ってしまうと塗りすぎてしまいます。
    爪が大きい方などはそれでは足らない方もいらっしゃると思いますので、あくまでも基準です!

それでは上記の気を付けることを覚えてジェルを塗っていきましょう!

ベース

まずは化粧でいう下地を塗っていくような形でネイルにもベースを塗っていきます。
「ベースジェル」をお持ちの方はベースジェルで塗っていきます。
ない方はクリアジェルで構いません。


出典:www.jellynail.net/howto/apply/

塗り終わりましたらライトで30秒ほど硬化していきます。

硬化し終わったあと、出してみるとベタベタしていると思います。
これはベースもカラーもトップでもある未硬化ジェルというものです
最後にふき取っていけば問題ありませんのでそのままカラージェルを塗っていきましょう!

カラージェル

カラージェルを塗っていきます。
お好きなカラージェルをムラのないように塗っていきます。


出典:nailsupply.jp/user_data/neirusapuraikatamaranai.php

終わったらまた30秒ほど硬化。
同じ工程をもう一度繰り返し2度塗りをしていきます。

ここで淵についてしまったりすると汚くなってしまうのでついた場合は爪楊枝などを使用し取ってから硬化してくださいね(^-^)
1mmもないぐらい隙間を開けて塗るととてもきれいに塗れますよ!

2度塗りが終わったあと、パーツを載せたいときにはクリアジェルを載せその上にパーツを載せていき再度30秒硬化します。
ビーズなど取れやすいものは硬化した後にパーツの部分だけクリアジェルを厚く載せ硬化していくと取れにくいです。

トップ

最後に仕上げでトップを塗っていきます。
「トップジェル」がある方はトップジェル。ない方はクリアジェルを塗っていきましょう!
最後の仕上げは1分硬化していきしっかり固めていきます。

冒頭でもお話したように硬化が終わってもベトベトしているかと思うのでエタノールで未硬化ジェルをふき取っていきます。

最近では未硬化ジェルのふき取り不要のジェルもあるので、その場合はふき取りなしで完成です!

甘皮など処理した部分も乾燥しやすいので最後ネイルが完成したらキューティクルオイルを塗ると完璧です!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?
「以外と思っていたより簡単じゃん!」なんて方もいるでしょう!

シンプルなワンカラーネイルはこれが出来れば完璧です。
ワンカラーが慣れてきたら、模様を付け加えたり、ビーズの載せ方も変えてみると自分だけのネイルなんかもできますよ!

次の記事で応用編としていろんな模様などのやり方を説明していきますね(*^^)v

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする