赤坂で8,000万円が入ったキャリーバックが盗まれる 犯人の特徴や現場を調べてみました

本日1月5日午後1時55分頃、港区赤坂で3人組の男に会社員男性2人が殴られ8000万円が奪われる事件が起こりました。

場所や事件の要因について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

事件概要


出典:日テレNEWS

5日午後、東京・港区赤坂で会社員の男性2人が3人組の男に頭や顔を殴られ、現金約8000万円が入ったバッグを奪われる強盗事件があった。3人組の男は現在も逃走している。

事件があったのは港区赤坂の路上。警視庁によると、5日午後2時前、3人組の男が27歳と29歳の会社員の男性2人に後ろから近づき、いきなり頭や顔を殴ったり羽交い締めにしたりしてケガをさせ、現金約8000万円が入ったキャリーバッグを奪ったという。

男性2人は古物商で、客のもとに貴金属を買い取りに行く途中で、多額の現金を運んで歩いていたという。3人組の男は現金を奪った後、そのまま逃走していて、警視庁は強盗致傷事件として行方を追っている。
引用:日テレNEWS

3人の犯人はまだ捕まっていません。
このようなドラマのような事件もまだまだあるんんですね。
会社員の2人は死に至っていなくてよかったですが、けがを負っていますね。
8000万円は恐らくバックに入れさせたのでしょう。

事件の場所

事件の場所は検索してみましたが、はっきりとした場所はわかりませんでした。


出典:日テレNEWS

情報としては港区赤坂9丁目の路上住宅街である。
そして東京メトロの六本木駅からとほ500メートル付近であること。


出典:日テレNEWS

きっと、近くをよく通る方はどこの場所かわかるでしょう。

事件の内容をもっと詳しく調べてみました

今回の事件で貴金属の販売会社の男性2人が被害者になっています。

今回の事件は販売のお店などで起こった事件ではなく路上で起こりました。
貴金属販売会社の社員27歳の男性が、現金約8000万円が入っているキャリーバックを持っていました。貴金属買い付けの為、もう一人の会社員男性29歳の上司とお客さんの自宅へ向かっている途中だったという。

その時、背後から男性3人に襲われ、頭を殴打され倒れたところ蹴りをつけたりしたという。ほかにも手の負傷などもしている。

犯人の情報

犯人の情報としては3人のうち2人の特徴が上げられている。

  • 身長約170cm
  • やせ型
  • 30歳ぐらい

服は「ベージュの作業着」「黒っぽいのジャージ」を着用していたという。

スポンサーリンク

ネットでの反応

皆さんの反応をまとめてみました。

・あやしいような気がする・・・
保険加入しているかな?
保険に加入して無ければ、本当の被害にあったと思う!

・なぜ被害者は8000万もの大金を用心せず持ち歩いてたのか気になるし、なぜ盗んだ3人組は8000万もの大金があることを知ってたのか気になる。

金融機関は休みなのに、犯人は何故に大金を運んでいるのが分かったのかが気になります。
高額現金を持ち歩くのは襲われる危険があるということでございます。

・買い取りをする事を知られていた可能性があるって事ですね。
内部の関係者や買い取りを依頼した人物に協力者がいそう。

犯人3人組は、8千万入れバックを持って、路上を歩いてゆく道順、時間帯を事前に掌握していたはずだよね。明らかに待ち伏せしていなければできない犯罪だ。内部の事情に通じている人間が、実行役に情報を
流したのだろう。すぐに犯人は特定できるでしょうね。

引用:日テレNEWS

皆さん怪しいという意見のご様子です。
確かにこの真昼間にキャリーバックに大金が入っていることを知っているというのが不思議な話ですね。
もしかしたら従業員の中に犯人がいるのでは?というコメントもみかけました。
この様子だとすぐ犯人も捕まりそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

犯人もまだ捕まらずまだまだ不思議だらけの事件ですが、すぐに解決できそうな予感がしますね。

貴金属販売会社の男性お二人のけががすぐに治ることを願います。

そして犯人も早く逮捕されるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする