佐野亮(さのりょう)顔画像は?動機などについても調べてみました!

速報ニュース

大阪府堺市で生後一か月の女の子の左腕をねじって骨折させた疑いで無職の父親である男が逮捕されました。

今回はこの父親の名前や顔画像、事件内容などについてまとめてみました。




事件の内容

先月、大阪府堺市の自宅で生後1か月の次女の左腕をねじって骨折をさせた疑いで、33歳の父親が逮捕されました。

傷害の疑いで逮捕されたのは、堺市北区に住む無職の父親(33)です。警察によりますと、父親は先月、自宅で当時生後1か月の次女の左腕をねじり、骨折をさせた疑いが持たれています。

父親は母親(31)と長女(4)、次女の4人暮らしで、当時、父親は次女を入浴させるために母親の待つ浴室まで連れて行く途中だったということです。異変に気付いた母親が翌日、病院へ連れて行き、病院から連絡を受けた児相が警察に相談し発覚しました。

取り調べに対し、父親は「腕の可動域がどこまであるか気になってねじった」と容疑を認めていて、警察は父親の刑事責任能力についても調べています。

引用:MBSNEWS

大阪府堺市で生後一か月の女の子に骨折をさせた疑いで無職の父親が逮捕されました。

容疑者は母親(31)と長女(4)4人暮らしであったとのこと。
生後一か月の女の子を入浴させる為、母親が待つ浴室まで連れて行く途中、容疑者は次女の左腕をねじり骨折させた疑いで逮捕されました。

調べに対して父親は「腕の可動域がどこまであるか気になってねじった」と容疑を認めています。

何故自分の可愛い子供にそんな疑問を抱き行動したのでしょうか。
動機についても気になります。

容疑者のプロフィール

容疑者の情報をわかる範囲でまとめてみました。

名前 不明
年齢 33歳
職業 無職
住所 大阪府堺市北区

【追記】

名前:佐野量(さのりょう)容疑者(33)とニュースで公開されていました。




容疑者の顔画像は?

容疑者の顔画像ですが、現時点ではニュースでの報道もなく、ネット上でも公開はされていませんでした。
新しい情報が入り次第追記します。

犯行動機は何?

容疑者は調べに対して「腕の可動域がどこまであるか気になってねじった」と供述し容疑を認めているとのことです。

発言に対しても自分の子供を骨折させてしまったにもかかわらず反省しているようには見えないコメントですね。
自分は悪くないと思っているのでしょうか。

犯行動機についてあくまでも予測にはなりますが、

・日々のストレスでやってしまった
・子供の面倒を見るのに疲れてしまった
・母親との時間が欲しく子供を憎んでしまった

このようなことが考えられます。

ネット上でも生後一か月の赤ちゃんに可動域が気になるからというコメントは通用しないとの意見が多数ありました。
もしかすると虐待の可能性もあるのではないか、とも考えてしまいますね。

事件現場

事件現場となったのは容疑者の自宅です。
自宅は大阪府境氏北区です。


詳しい情報について新しい情報が入り次第追記していきます。




余罪はあった?

父親は虐待をしていたのではないかという意見もあり、余罪について調べてみましたが、今現在は情報がありませんでした。

今後新しい情報が入り次第追記していきます。

ネットの反応

・首もすわってないでしょ、本当の意味での虐待かどうかわかりませんが30にもなって…親の教育かな問題点を挙げるとすれば。ある意味未成年として親も処罰の対象にする様な判断が必要?

・このぐらいの赤ちゃんってホントに丁寧に接しないと壊れてしまいそうなほど。父親なら尚更ビクビクしながら育児するはずなのに。可動域が気になる?玩具じゃないんだから。日常的な虐待は?徹底的に調べて欲しい。

・まだ産まれてまもないフニャフニャの可愛い赤ちゃんによくそんなことできますね。。
自分が今生活できるのは、あなたを育ててくれた誰かがいるからなんですよ。
その感謝を忘れてはいけない。

・生後の赤ちゃんはまだ体は丈夫じゃないからよくも虐待できますねあんたも生後の赤ちゃんと同じ事してあげましょうか左腕を減しねじって蟹みたいに湯がきますか

・毎度こんなニュースばかりで…
ちゃんと大人になってから親になってくれ!!
子供が不憫でならない。

引用:Yahooニュース




まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は次女の腕をねじって骨折させた父親の事件についてまとめてみました。
父親にはしっかり反省してもらいたいですね。