「しつけのためにベランダに・・・」 大阪住宅街で2歳男の子転落 しつけでやってはいけない6つやり方紹介します!

速報ニュース

1月3日、大阪市のマンションで2歳の男の子が仰向けで倒れて死亡してしまった事件がありました。
お母さんはおもちゃを片付けなかった罰としてベランダに数分放置していた隙に誤ってベランダから落ちてしまったとのことです。

今回の事件について現場や事件内容について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

事件概要


出典:ABCテレビ

大阪市のマンションの敷地で、2歳の男の子が倒れているのが見つかり、その後死亡しました。警察は3階の自宅のベランダから誤って転落した可能性があるとみて調べています。

3日正午ごろ、大阪市浪速区でマンションの3階に住む2歳の男の子が、約9メートル下の敷地で頭を強く打って倒れているのを母親(36)が見つけ、119番通報しました。男の子(2)は病院に搬送されましたが、5日、死亡しました。警察によりますと、母親(36)は「子どもがおもちゃを散らかして片付けないので、ベランダに出した。10分ほどして様子を見ると転落していた」と説明しているということです。ベランダの壁の高さは約1.2メートルで、水槽などが置かれていました。警察が当時の詳しい状況を調べています。
引用:ABCテレビ

このような事件はすごく多いですし、「こんなことになるとは思っていなかった」と親も思う事件が多いですね。
まだ2歳の子供は何もわかっていない赤ん坊で好奇心旺盛なので水槽に上ってどうな風に外が見えるか見てみたかっただけっていうことはよくあることですよね。
マンションの高さであれば子供のこの行動はよくあることですね。

事件現場

事件現場はどの辺なのか調べてみました。

ストリートビューで出してみました。

ニュースに出た映像と似ているのでこの場所だと予想します。


出典:日テレNEWS

場所は大阪府大阪市浪速区塩草1丁目の団地です。
この周辺には団地が多く、近くに学校もあります。

人口密度が多い場所だと予測します。

家族構成 兄弟はいたのか?

今回の事件で亡くなってしまった子が2歳の中田快音ちゃん男の子です。
母親は(36歳)。兄弟のお兄ちゃん(8歳)の子と父親(36歳)の4人家族のようです。

父親は外出中でした。兄は室内にいたとのことでした。

事件の要因

浪速署の説明によると、ベランダに出したのは午前11時40分頃。「家族で遊びに行く時間になってもおもちゃを片付けなかったのでしつけるつもりだった」と話している。

その後ベランダから声が急に聞こえなくなり、確認したところ9メートル下の敷地に倒れていたとのこと。母親が11時55分ごろ119番に通報したとのことである。
その後搬送されましたが5日に死亡が確認されました。

手すりの高さは1.2メートルでベランダには水槽があったとのこと。
誤ってその水槽に上って転落した可能性が高いと話しています。

 

スポンサーリンク

 

子育てのしつけ やってはいけないしかり方

「なんでわからないの?」「この前いったでしょ?」と思ってつい手を出してしまった。
大声を出してしまった。なんてことは親にとってはあるあるですよね。

今回の事件のようなことが起きないようにやってはいけないしつけのやり方を紹介していきます。


出典:https://iko-yo.net/articles/1311

  1. 大声を張り上げない
  2. 感情的にならない
  3. 理由も言わずに叱らない
  4. 大勢の前では叱らない
  5. 時間が経ってから叱らない
  6. 体罰の繰り返しはしない

この6つの約束を守ることが大切です。

6.体罰の繰り返しはしない
これはやった後の後悔してしまいますよね。
「繰り返しはしないならやっていいの?」と思いますよね?
これは子供が納得するようなことであれば愛情をこめて軽くペシッ!とするのであればなんで叩かれたのか子供も納得して教育になるそうですよ。

でも注意は愛情を込めて軽くです!

この6つのことに共通していることは「その理由がしっかりしていて子供にその訳を伝える」「子供がなんで怒られているか納得するような理由でしかる」ということです。

感情的になるのは人間ですから誰でもあります。
感情的になるのは誰でもできます。

しつけをそう簡単ではありません。
感情的にならずにお子さんと向き合って教育をしましょう!

事件のネットの反応

今回の事件のコメントを一覧にしてみました。

・躾のために外に出すことはあるかもしれないけど、真冬の寒空の下、おそらくはジャンパーも着せずに2歳の子供を10分間もベランダに放置は母親が責められても仕方ない。

水槽とか万が一にも上に乗る可能性があるなら絶対に外に出すべきじゃないのは言うまでもない!母親の明らかな不注意というか責任。子どもが可哀想

2歳になったばかりの息子がいますが、この時期は知恵がすごく付いてくる。お水で遊びたくて椅子を引きずりながら運んできてそれに登り蛇口の水を出して遊ぶ。周りの行動をよく見ていて真似をしようとする。
躾だとしても2歳児を10分、ましてや3階のベランダで目を離すのは長すぎる。昨日できなくても今日できてると驚かされる日々。時は戻せない。防げた事故。

自分が子供の頃は外に出される事は良くあることで虐待とはならなかった時代。でも2歳児はまだ物心もつかない。散らかしたら一緒に片付けを教えてあげるべき年齢。
外に出すならせめて安全を確保してあげるべき。
落下であれ、1階なら車に轢かれてしまったり…。安全性のない外出しは躾ではなく虐待と言われても仕方ない。

引用:ABCテレビ

母親が攻められてしまうのはしかたがないことですね。
そして一番母親がわかっているでしょう。
ただ、もっと違うしつけのしかたをすればこんなことはなかったでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

このような事件はきっとこれからも出てきます。
でもこの事件を減らすにはもっと「親が改めてしっかり目を離さないように気を付ける。」
最近では安全グッツも多くなってきたのでいろいろ活用していくことが必要になるでしょう。

今回亡くなられた中田快音ちゃんご冥福をお祈りいたします。