名古屋市24万枚のマスク配布場所はどこ?名古屋でマスク入荷?

速報ニュース

19日に1人、コロナウイルスに感染が確認され、合計で名古屋市は3人の感染者が確認されました。そこで、高齢者施設に対して今品薄のマスクを配布するということでニュースになりました。

市内の高齢者施設950か所に配布予定とのことです。

今回はこのマスク配布場所などについて調べてしてみました。




ニュース報道内容

19日に1人の感染が確認されるなど、これまでに3人の感染者が出ている名古屋市では高齢者施設に対し、品薄が続くマスクの配布を始めました。配布するのは非常時用に備蓄していた約24万枚で、市内の高齢者施設約950カ所に配布します。
高齢者施設の職員:「とてもありがたかったので、感謝してます。今月中にもすぐなくなるところだったので、本当に助かってます」
配布日時は施設がある区ごとに指定されていて、25日にかけて順次、配布されます。
病院関係者など12人の感染者が出ている和歌山県では、県議会で仁坂吉伸知事が地元企業へ金融支援する方針を打ち出しました。
和歌山県・仁坂吉伸知事:「売上高に影響がある事業者に対しては、全国でもトップを切って金融支援を行う」
和歌山県では感染拡大の防止策に加え、観光客の減少など影響が懸念される宿泊施設やバス会社などの動向を把握して支援し、雇用や地域経済への影響が最小限になるよう努めるとしています。
引用:テレ朝news

やはり高齢者の方が感染すると危ないということなのでしょうか?
まだまだ危険を感じるコロナウイルス皆さん心配ですよね。
今はスーパーでもネットでもドラックストアでもどこにも売っていない。マスクしたいのにできない。
また、仕事でマスクをされる病院やエステサロンなども困りますよね。
それを利用して高くメルカリなどで売っている人もいますし迷惑ですね。

ただ、免疫力の少ない高齢者の方にはやはりマスクをしてもらう必要はありますし、もし感染者の方がいたらマスクをしてもらわないとドンドン広まるばかりですからね。

名古屋 マスク入荷?!

マスクを発見した!というツイートがありましたので紹介していきます!

お店によってはとても多く入荷しているところもありそうですね!
なぜかマスクなのに、売っていることがすごい!と思えるのも不思議ですね・・・。




24万名はどこで配布するの?

ニュースの報道では名古屋市の高齢者施設で24万枚を配布という情報が公開されていました。
どこで配布するかということで調べてみましたが、特定されている情報は見当たりませんでした。

高齢者施設も名古屋市にはもちろんたくさんあります。

どこで配布されるかは定かではありませんが、25日にかけて配布されていくということです。

まとめ

今回、とても大きいニュースとなっているコロナウイルスですが、いつになったら終わるのでしょうか。

早く安心して暮らせるようになってほしいですね。
まだまだ、感染者は出てますので 皆さんうがい手洗いを忘れずに!