石田礼門容疑者と中茎竜二容疑者タクシー運転手殺害で逮捕!顔画像やFacebookを公開!殺害した凶器ナイフがすごい!

今回はカンボジアでタクシー運転手を殺害したとして、日本人の2人中茎竜二容疑者石田礼門容疑者が逮捕されました。2人とも23歳です。

中茎容疑者と石田容疑者の顔画像やFacebookについて調べてみました。

スポンサーリンク

事件概要


出典:FNN

カンボジアで地元のタクシー運転手を殺害したとして、日本人の男2人が逮捕された。

捜査当局は、男たちが借金を抱え、犯行に及んだとみて捜査している。

この事件は17日夕方、カンボジア北西部のシエムレアプ郊外で、地元のタクシー運転手、フム・チャンさん(40)が刃物で殺害され、福島県出身の中茎竜二容疑者(23)と、千葉県出身の石田礼門容疑者(23)が逮捕されたもの。

捜査当局は、中茎容疑者らが、タイとの国境に近い町からタクシーで移動中に、運転手のフムさんを殺害し、タクシーを奪ったとみて調べている。

中茎容疑者らは、日本円でおよそ400万円の借金があり、調べに対し、奪った車で移動しながら強盗を繰り返そうと思ったと供述しているという。
引用:FNN

彼らはカンボジアに旅行に行っていたのでしょうか?
この殺害をするためにカンボジアに行ったのでしょうか?

借金がありながらもカンボジアに行くお金はどこから出てきたのでしょうか?

いろんな疑問が生まれます。

石田容疑者・中茎容疑者のプロフィール

名前 中茎 竜二(なかくきりゅうじ)
年齢 23歳
職業 不詳
住所 不詳
出身 福島県

名前 石田 礼門(いしだれいもん)
年齢 23歳
職業 元自衛官
住所 不詳
出身 千葉県

中茎容疑者と石田容疑者の顔画像、Facebook

顔画像

二人の顔画像はニュースですでに報道されていますのでご紹介します。


出典:FNN

左が中茎竜二容疑者右が石田礼門容疑者です。

二人とも23歳ではありますが、見た目は大人っぽくイケメンですよね。
殺害するような人には見えませんね。

Facebook

Facebookでは「中茎竜二」「石田礼門」で検索してみました。

中茎竜二で検索をかけたところ、アカウントが見つかりませんでした。

石田礼門で検索したところ1件アカウントがヒットしましたが、本人と特定することが出来ませんでした。
気になる方は検索結果を載せておきますのでそちらでご覧ください。

→石田礼門検索結果はこちら

スポンサーリンク

犯行動機について

容疑者2人は容疑を認めているそうです。

中茎容疑者は日本円で400万円ほどの借金があり、「奪った車で移動し強盗を繰り返そうと思った。」と供述しているとのことです。
車を奪って300メートルほど逃走しましたが、その後事故を起こし取り押されました。


出典:FNN

ものすごい事故の仕方をしていますね。
早く逃げようと思ってすごいスピードで走っていたのでしょうか?

突きつけたナイフがすごい!

警察はナイフを3本押収したといいます。
容疑者は運転手の首を刺したとしてみられています。

出典:FNN

こんなナイフゲームでしか見たことありませんね。
借金のしている中、カンボジアで恐らく購入したのでしょう。

運転手フム・チャンさんの情報

フム・チャンさんの顔画像が公開されています。


出典:FNN PRIME

フム・チャンさん(40)は4人のお子さんがいたという情報もありました。
きっと一生懸命子供と奥さんの為に働いて幸せな暮らしをしていたというのに人生を台無しにした石田容疑者と中茎容疑者は許せませんね。

しっかり反省してもらいたいです。

フム・チャンさん心よりご冥福お祈り申し上げます。

スポンサーリンク

事件現場はどこ?

場所はカンボジアの北西部シエムレアプ郊外です。
シエムレアプのマップをのせておきます。

シエムレアプには世界遺産のアンコールワットというものがあり世界中から多くの人が観光客が訪れるという。

アンコールワット↓


出典:ウィキペディア

ネットの反応

・現地で煮るなり焼くなり、してもらえばよい。
・もう、死刑で良いですよ。
・どーにでもしていいですよ。
と、みんな思っています。
・日本に帰さないで結構ですよ。被害者の方のご冥福をお祈りします。
・400万の借金って若いのに真面目に働いて返せる額やろ。
・死刑制度が無いのが残念だ!運転手は家族もあろうにお気の毒でたまらない!

引用:Yahooニュース

スポンサーリンク

まとめ

400万円という借金があったという理由もありましたが、他に返す方法はあったはずです。

何故、人を巻き込むようなことしかできなかったのでしょうか?
自分でどうにかできたはずです。
しっかり反省してもらいましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする