岡山県警巡査が胸を刺される!教官(警部補)はサバイバルナイフで訓練!事件要因や内容警部補の名前や顔画像についても調べてみました!

速報ニュース

去年2018年12月岡山県の警察学校で訓練中、誤って教官の男性が新人の巡査(19)の胸を2回刺したとの事件が報道されました。

今回は教官の顔画像やFacebook、また事件内容について詳しくまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

事件概要


出典:FNN

訓練中に新人巡査が犯人役の教官に刺された?

岡山県の警察学校の訓練で、あろうことか新人巡査が教官に刺されていたことが分かった。

【画像】訓練で何が起こったかCGで再現

傷は肺の一部にまで到達!…一体、何が起こったのだろうか?

逮捕術の訓練とはどんなものなのか?

2018年に埼玉県警察学校が行った“逮捕術訓練”の映像を見てみると…

抵抗する犯人を迅速に取り押さえる訓練で、犯人役の手には“模造品のナイフ”が握られている。

“犯人役”を2人がかりで取り押さえ「確保!」

犯人役の教官は隠し持っていたナイフで…

こうした訓練は全国で行われているが、岡山県警察学校ではまさかの事態が起きた。

2018年12月岡山県警の男性警部補が“犯人役”となり、19歳の新人男性巡査の“逮捕術訓練“が行われたのだが…

訓練では、男性巡査の説得に応じ、持っていた“模造した日本刀”を捨てた警部補。

しかし、その直後。あらかじめ隠し持っていたサバイバルナイフを取り出して突進。男性巡査の左胸を2回突き刺した。

本物のナイフは訓練に緊張感を出すため?

岡山放送 森夏美アナウンサー;訓練に緊張感を出すため、男性警部補は切れないように「防護措置」をした本物のナイフを持ち込んでいました。

傷が肺の一部に達していた男性巡査(19)は緊急搬送され4日間入院。PTSD(心理的外傷後ストレス障害’)を発症したという。その後、被害届を出して依願退職した。

男性警部補は業務上過失致傷の罪で、罰金50万円の略式命令を受けた。

被害者の男性は、岡山県を相手取り、損害賠償を求めて提訴しているが、この事態について岡山県警は「発表する対象の事案ではない」として公表していなかった。
引用:FNN

何故、訓練のはずがこのような事件になってしまったのでしょう。

きっと巡査の男性はナイフを見るたびこのことを思い出すでしょう。
わざとではなかったとしてもこのようなことがあってはいけません。
教官には被害にあった男性がどのような思いでいるのかも反省してもらいたいですね。

教官の名前は?顔画像は?

顔画像や名前ですが、現時点ではニュースでの報道もなく、ネット上でも公開はされていませんでした。

新しい情報が入り次第追記します。

 

スポンサーリンク

 

事件現場

事件の現場は岡山県の警察学校です。


出典:NHK NEWS WEB

岡山県警察学校でマップで見てみました。

 

ニュースにある映像も見ていきましょう。


出典:NHK NEWS WEB

何故刺してしまったのか?

今回事件となった訓練が

教官の警部補が犯人を取り押さえることを想定した訓練だった。

訓練は模造品のナイフを使うことになっていましたが、警部補はサバイバルナイフを持ち込むことによって「訓練に緊張感を出そうと思った」「刺すつもりはなかった」
と話しているとのことです。

 

スポンサーリンク

 

ネットの反応

・一回なら誤刺かもしれない。
二回はもう殺意。

・ちょっとびっくりのニュースだね。とりあえずナイフが本物である必要はないはず。

・これなんで逮捕されないの?
本物使うとかありえないし、刺された傷は肺にまで達していたって夕方ニュースで見た。

しかも戻ってきた日にはニヤついて
よく戻ってきたなw
って声かけてきたらしいし異常でしょ。

それでも警察学校辞めた人のブログ見たら納得…かな…
でも逮捕すべき。

・新人巡査は肺まで達する傷を負い依願退職、
頭のおかしい教官は逮捕されていない。

逮捕術の訓練で本物のナイフを使うことはない。
ラバーナイフを使う。

・訓練中にサバイバルナイフを持ち歩くなんてあり得ない!
しかも公にしなかったのは大したことではないではなくて、まずい事件だからだよね?

引用:Yahooニュース

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まだわからないことばかりの事件で日にちは過ぎていて過去の事件にはなりますが、すっきりさせたいですね。
ネットの反応にもありましたが、なぜ逮捕されないのか?また、事件を起こした人物の名前もわからない状況です。

今後はこのような事件がないことを願います。