国交省職員の坂田正博(さかたまさひろ)容疑者の顔画像Facebookは?犯行動機がヤバイ!女子高生を盗撮で逮捕!

今月15日10時頃、東武伊勢崎線の車内で高校3年の女子高生のスカートの中を盗撮した容疑で国土交通省職員の坂田正博容疑者逮捕されました。

今回は詳しい事件の様子、顔画像やFacebookについて調べてみました。

スポンサーリンク

概要

埼玉県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、埼玉県越谷市に住む国土交通省の職員・坂田正博容疑者(43)です。

坂田容疑者は15日午後10時ごろ、東武伊勢崎線の越谷駅からせんげん台駅の間を走行中の電車内で、帰宅途中だった高校3年の女子生徒のスカートの中をスマートフォンで盗撮した疑いがもたれています。

目撃していた自営業の男性(40)が後ろから坂田容疑者の腕をつかんで取り押さえ、女子高校生が駅員に伝えたことから事件が発覚しました。

引用:TBSNEWS

いい大人が、非常に残念な事件を起こしてしまいました。
自分の立場というのを考えられず、その場の欲望に任せて行動してしまったのでしょうか。
スマートフォンでカメラを向けている現場の目撃者がいた事で犯行を取り押さえられてよかったです。
被害にあった女子高生は、さぞ不快な気持ちになったことでしょう。

坂田正博容疑者のプロフィール

名前 坂田正博
年齢 43歳
職業 国土交通省・職員
住所 埼玉県越谷市

・容疑 迷惑行為防止条例違反で逮捕

家族構成については、現段階では明らかにされておりません。
もし、仮に妻子が居たとしたら一体どんな気持ちなのでしょうか。

スポンサーリンク

坂田正博の顔画像、Facebook

坂田容疑者の顔画像ですが、現段階では明らかにされておりません。
新たに情報が入り次第、随時追記します。

次にFacebookですが、本人らしきアカウントは特定されませんでした
他のSNSをしている可能性も低いと考えられます。
一応検索結果のページを載せておきますので気になる方はこちらからどうぞ。
坂田正博のFacebook検索結果一覧

坂田容疑者の犯行動機

坂田容疑者の供述によると、「若い女の子の脚を見てムラムラしてしまった」とのことです。

自分の欲望を満たす為に相手に嫌な思いをさせたり、迷惑をかけるなんて絶対許されることではありません。
盗撮している側は「気づかれないだろう」と思ったのでしょうが、外から見たら明らかに不自然に見えるはずです。
しっかりと自分の罪を償い、反省して頂きたいですね。

事件現場

今回、事件が発生したのは東武伊勢崎線の車内です。
容疑者は、越谷駅からせんげん台駅の間で盗撮したとされています。

引用:TBSNEWS

電車内での撮影は犯罪行為になる?

今回のような盗撮については当然犯罪になります。
しかし実は、撮影行為そのものが犯罪になることがあるのです。

例えば、東京都の『公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例』では、『(略)公共の場所若しくは公共の乗物において、人の通常衣服で隠されている下着又は身体を、写真機その他の機器を用いて撮影(略)』すること(いわゆる「盗撮」)が禁止(条例5条1項2号)されており、違反した場合は『1年以下の懲役または100万円以下の罰金』に処せられる(条例8条2項)ことがあります。

引用:シェアしたくなる法律相談所

これには例外もあります。
例えば、電車内でお酒を飲んでいるなど別の違反行為の証拠として撮影するのは、犯罪にはならないです。

スマートフォンの普及で手軽にSNSに写真がアップできますが、このようなルールには気をつけたいですね。

ネットの反応

・誰であっても問題やね、昔なら「投稿写真」の本も有ったけど今の時代は通用しない、スカートの中はNGやね、偶然を待って下さい。

・イタズラとかスリルを楽しむ為にとんでもない事しちゃいましたね〜独身で有る事を祈ります。

・スマホの使用方法を、誤った人間がまた一人。
女子高生を見て、ムラムラしちゃったのね…。

・せっかく国交省まで安定した職に就いたのに、これで人生急降下だね。ムラムラする気持ち分かるけど、人生地獄行きになりたくなければ自制心を強く持つことだね。

・役所を首になり路頭に迷う。
家族もいるだろうに。警察モノのテレビでは警察官も痴漢犯人を必至に探しているよ。
そんなに見たければインターネットで探せば良いだろうに。

引用:Yahooニュース

スポンサーリンク

まとめ

いかかでしょうか?

盗撮は加害者側の一方的な快楽のためだけであって誰もいい思いはしません。
そして今回のように発覚すれば職も失う上に多くの信用を失います。

このような事件が一つでも減るように願うばかりですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする