さくらももこさん乳がんでお亡くなりに・・・  乳がん検診の人気TOP3

本日27日アニメ「ちびまる子ちゃん」の作者であるさくらももこさんが乳がんでお亡くなりになられたことが発表されました。
突然の報道で戸惑っている方が多いでしょう。

そして亡くなられたのは8/15であるとのこと。なぜかタイムラグがありました。
ネットでは、24時間テレビがあったのでそれを避ける為に、日にちをずらしたのではないか・・・など。
これからの「ちびまる子ちゃん」の放送も未定であるとの記事もありました。

ただ、絶対見るには欠かせない サザエさん・クレヨンしんちゃん このアニメも作者の方が亡くなっても続けています。
その中に入る「ちびまる子ちゃん」
このまま、ずーっとアニメが続くことを願っています。

いや、必ず続くでしょう!

さて、今回はさくらももこさんの今までの作品紹介。そして、さくらももこさんの症状であった乳がんについても書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

さくらももこさんについて

まずはプロフィールからいきましょう!

名前*さくら ももこ(本命*三浦 美紀)
誕生日*1965年5月8日
出身*静岡県静岡市
身長*159cm
血液型*A型
活動期間*1984年~2018年

1984年にデビューしました、当時さくらももこさんは19歳の年でしょう。
「さくらももこ」の漫画では、自身の子供時代の思い出をお話として作りだしていた。
設定は小学校3年生。

過去作品内容

1986年~エッセイ風漫画「ちびまる子ちゃん」を雑誌「りぼん」に連載し、講談社漫画賞(少女部門)を受賞した。
その間は短期大学在学中の時、「りぼんオリジナル」で「教えてやるんだ ありがたく思え!」でデビュー

その後ちびまる子ちゃんのヒットが始まる

1991年~初エッセイ「もものかんづめ」「さるのこしかけ」「たいのおかしら」
これらは”初エッセイ三部作品”として知られいづれもベストセラーとなった。
その後も20冊以上の本を出し続ける。

出典:Amazon.jp

1990年から作詞もしていてちびまる子ちゃんでも使われている
B.Bクイーンズ「おどるポンポコリン」を始め#西城秀樹さん#Kinki kids#坂本冬美さん#和田アキコさん#ウルフルズ#大原櫻子さんなどなど・・・
たくさんの方々の作詞もしてきました。
漫画と本だけのお仕事ではなく、作詞もされていたなんて本当に人生最後の日までお忙しい時間ばかりではないかと思います。

ただ、それが、さくらももこさんの希望だったのかもしれませんね!

スポンサーリンク

乳がんについて

さて、この急な報道でみなさんびっくりされている方が多いでしょう。
いつから、がんだとわかったのか・・・気になりますよね。
そこで私も調べてみました。

今は、まだしっかりした情報はなさそうでした。
ネット上では予測はされていて、2016年までは連載漫画作品もあったが2017年からすごく量が減ったことから、2017年の春あたりにはがんだとわかっていたのではないか。
と言われています。
ただ、公式のブログでは2018年の7月にWカップを見ている投稿もあるのだとか・・・

乳がんは「年齢と進行には、直接的な関係がない」との記事も目にしました。
乳がんの場合は自覚症状に気付く前にがんが移転してしまっている場合も考えられます。
そうなると最後の最後まで仕事をしていたのかもしれませんね!

乳がん検診

こんな出来事があって女性の皆さんは「検診にいかなきゃ!」となる方が多いですね。
でも、もし少しでもがんの可能性があることが早く見つかれば助かる可能性は高くなります。今はとてもいい環境の病院で乳がん検診をしてくれるところがたくさんあります!
なので、ここでは乳がん検診人気TOP3をご紹介していきます。

第3位イムス東京検診クリニック

住所 東京都中央区京橋1-1-5
【最寄り】東京駅 八重洲中央口から徒歩3分
八重洲地下街24番出口
日本橋B3出口から徒歩4分

金額 6804円
土曜・日曜検査実施 土曜実施可能
所要時間 1時間
審査結果 後日郵送
モンモグラフィ検査は2か所だそうです。
毎週水曜日は「レディースデイ」の日なので女性のみ検診可能。

おすすめのプラン
乳がん検診(乳腺エコー/マッモグラフィ)6804円

第2位 新宿ブレストセンタークサマクリニック

住所 東京都新宿区西新宿7-11-9 バルビゾン87ビル4F
新宿西口から徒歩6分
西武新宿駅から徒歩3分

金額 5000円から10000円
検査項目 乳腺エコー/乳房視触診マンモグラフィ
土曜・日曜検査実施 土曜・日曜検査可能
所要時間 1時間未満

おすすめプラン
30代の方におすすめ 乳がんエコーで乳がん検診  5000円

院長以外のスタッフは全員女性が対応。
結果はその日のうちにお伝えします。
女性技師がマンモグラフィを行います。
セカンドピニオンも行っております。

第1位 ピンクリボンブレストケアクリニック表参道

住所 東京都港区北青山3-6-19 バイナリー北青山2F
【最寄り】表参道駅B2・B4出口より徒歩1分

金額 3740円~10240円
検査項目 乳腺エコー/マンモグラフィ
土曜・日曜検査実施 土曜実施可能 平日夜間も実施
所要時間 1時間~3時間

おすすめプラン
後日結果郵送 乳がん検診ライト(乳腺エコー)

ピンクリボン活動を広める「NPO法人乳房健康研究会」の副理事長である島田菜穂子院長のクリニックで安心。
自己検診指導も行い、皆様の乳房の健康をサポートしています。
アロマの香りがする待合室。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この記事を見てくださった女性の皆さん。
このランキングを元に検査に行ってみてくださいね。

今回はさくらももこさんがお亡くなりになられた記事を書いていきましたが、9月2日の放送は第一話をリメイクした「まるこ、きょうだいけんかをする」を放送するそうです。そのお話で当時のことを思い出しながらご冥福をお祈りしたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする