栃木県さくら市トラックと軽自動車事故 ケガや腕の切断死亡に至る。

速報ニュース

本日12月26日の朝6時にできた事件です。
栃木県さくら市でトラックと軽自動車が激突しました。
軽自動車は2台激突し大学生8人が乗っていました。
トラックは1人で事故になってしまいました。
詳しく内容をお伝えしていきましょう!


出典:FNN

 

スポンサーリンク

 

事件概要

栃木・さくら市の県道で、車3台が絡む事故があり、大学生1人が死亡、7人が重軽傷を負った。

26日午前6時30分すぎ、さくら市下河戸の県道で、軽自動車が対向車線を走るトラックと衝突、その直後に、後ろを走っていた別の軽自動車がトラックに追突した。

軽自動車2台には、同じ大学に通う大学生8人が分乗していて、車から投げ出された20代の男子大学生が死亡した。

また、軽自動車を運転していた男子大学生が右腕を切断するなど、男性7人が重軽傷を負った。

現場は片側1車線の緩いカーブで、警察は事故原因をくわしく調べている。
引用:FNN

このような事件でした。
場所は片側車線一車線の緩いカーブ。カーブで事故を起こすことはとても多いですね。
そして一台ではなく2台とも事故にあってしまったということはスピードを出してしまっていたのでしょうか?

事件の場所と事件が起こった原因を追究

事件の場所ですが、調べたところここがヒットしました!

住所 県道48号線、〒329-1402 栃木県さくら市下河戸
マップ

 

この場所照らし合わせるとにているので恐らくこの場所で事故を起こしたと思われます。


出典:NHK NEWS WEB

きついカーブでもなさそうですし、見渡しがいいので対向車が来てもわかりそうですね。
ただ、事件が起きた時間は朝の6時。
夏はもう明るくなっていますが、今は冬でまだ真っ暗な時間ですね。
なので電灯もなさそうなのですごく視界が悪い中の運転だったでしょう。
ライトをつけていても遠くにいる車は見えないような道になっていそうですね。

 

スポンサーリンク

 

大学生8人がケガそのうち一人死亡


出典:NHK NEWS WEB

トラックに乗っていたのは1人。ケガはなかったそうです。
そのトラックに追突した軽自動車は2台です。
合計8人が乗車していました。そのうち1人深谷諒さん(20歳)の死亡が確定いたしました。
車から投げ出され頭を強く打ったそうです。
深谷諒さん(20歳)は大学生で栃木県の私立大学に行っていたそうです。
現在顔画像は公開されていません。

深谷諒さんも前の車に乗っていたそうで、前の車を運転していた20代の男性が右腕を切断する大きいケガをし、他6人は軽いケガを負っているようです。

ネットでの反応

ネットではどのような意見があるのかまとめてみました。

一人で乗る場合と定員いっぱいで乗るのとでは、車の挙動が大きく変わる。特に軽自動車はその差が大きい。

・若気の至りだろうが、事故は後悔してからでは遅い。安全運転が一番。

・当たり前ですが、後部座席だろうとシートベルトはしましょう。

・自分も若いころは、上手い=速いだって思ってた。
この時期を 無事に通過できて、今があるのは 上手かったからじゃなくって ただの運でしかないんだろうなぁ。。
ご冥福をお祈りいたします。

引用:FNN

このようないろんな意見が集まっています。
亡くなられた深谷諒さんのシートベルトをしていたのかというのが、気になりますね。

20歳ということは大学2年生だったのでしょうか?
学校も終わりみんなで遊びに行こうとしていたのでしょうか?
運転は年齢が若ければ若いほど荒くなりがちなので、安全運転で車は運転しましょう!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
大学生が大人数でケガや死亡に至る事件。こんなことは今後起きないことを祈ります。
亡くなった深谷さん、ご冥福お祈りいたします。