渋谷区で72歳の女性タクシーで跳ねられ死亡。 細かい内容調べてみました!

本日12月23日午前7時30分頃渋谷区桜が丘の路上で72歳の女性がタクシーに跳ねられ病院に搬送されましたが、胸を強く打っていて死亡と確認されました。

スポンサーリンク

事件概要

 
出典:ANN

23日午前、東京・渋谷区の路上で72歳の調理師の女性がタクシーにはねられて死亡した。

警視庁によりますと、午前7時半ごろ、渋谷区桜丘町の路上を歩いていた調理師の和田玲子さんがタクシーにはねられました。タクシーは和田さんに衝突した後、ガードパイプに突っ込んで止まりました。和田さんは病院に運ばれましたが、胸を強く打つなどしていて死亡が確認されました。警視庁は、タクシーを運転していた青木光子容疑者(56)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。青木容疑者は勤務中でしたが、客は乗せておらず、近くのビルの駐車場から出てきてすぐに事故を起こしたとみられています。警視庁は詳しい事故の原因などを調べています。
引用:ANN

青木光子容疑者はタクシーの運転手で業務中だったとのこと。
事故の時には人は誰も乗せていなかったらしい。
事故の要因はビル近くの駐車場から出てきてすぐ起きているそうだ。

事件の場所


出典:ANN

事件が起きた場所の細かい部分までは見つけることが出来なかったので、ニュースに出ている場所と照らし合わせてみました!
恐らくこの場所かなと思います。
住所 渋谷区桜丘町26付近
マップ
ここがちょうどセルリアンタワー東急ホテルの出口かと思われるので、そのまま突撃したことも考えられますね。
この場所は悪魔でも予測です。。。

顔画像は?

青木光子容疑者の顔画像を探してみましたが、見つかりませんでした。

被害者の和田玲子さんも顔画像は出てきませんでした。

犯行動機


出典:ANN

青木光子容疑者は業務中でタクシーを運転中でした。
客は乗せておらず警察は駐車場からでてきた直後に事故を起こしたのではないかと推測。

事故内容としては、和田玲子さんを跳ねた後、ガードレールに突っ込んだらしい。

駐車場から出てきて人を跳ねた後にガードレールに突っ込むということは、死角で和田玲子さんが見えなかったという言い訳はききませんね。

警視庁で細かい事件内容は確認しているとのことでした。

スポンサーリンク

ネットの反応

・プロドライバーのこういう事故は珍しいと思う。
とにかく運転は常にいろんな事を予測して注意する事が必要という事なんだろう。
・近くのビルと書いてあるが あれって セルリアンホテルから出てすぐに事故 セルリアンの警備員の指示で車やバスが出てる 警備員は何をしてたのかな 警察はもっと平等に取り調べをして欲しい
・ビルの駐車場から出てきて直ぐに人と衝突してその後ガードレールに突っ込んでいる ブレーキも踏ん出るだろうになぜそんなにスピードを出していたのか?
・明日は我が身、一瞬のミスで人生が180度変わる。こういうニュースを見ると運転が怖くなる。
歩道が有るのに?何で?路上を歩くんや?
ガードパイプに突っ込まなきゃ止まれないタクシーも悪いけど、身勝手な歩行者も悪いと思う!
事故って大半は、お互いが注意不足!
引用:ANN

こう見てみると確かに思うのが、どう考えてもホテルの出口から出ている。
ホテルの駐車場の出口なんて警備員がいるだろう。
全然警備になってないじゃないか。という皆さんの意見はごもっともですね。

スポンサーリンク

まとめ

私も仕事で毎日運転しているのでこういう事件を見ると怖くなりますね。
事件後の画像を見た感じも居眠りなどの事故ではなさそうですよね。

事故はいつまでたっても少なくならない。
ブレーキとアクセル踏み間違えるなんてことも多いですよね。

運転するときにには、いつなにがあるかわからないので、毎回気を付けて運転しましょう!将来もっと事故が無くなりますよに・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする