カードの支払いがやっぱりお得? 支払い方法比較してみました!

役立ち

最近カード払いやクイックペイなどの現金精算じゃない方法がたくさん増えてきましたね!
私も多くの現金以外での精算方法を使っていますが、昔と比べお金の管理が慣れなく使いすぎてしまうことが多くなりました。

 

スポンサーリンク

 


出典:www.businessinsider.jp/post-164502

そんなところで、今回は現金決済以外の方法で利用している方必見!使いすぎない方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

いろんな精算方法

まずは、おおまかにいろんな手段の生産方法をご紹介していきメリットやデメリットを比較してみましょう。

現金


出典:floristsfd.com/shiharaihouhou

メリット・・・お金の管理やしやすく、手でお金を支払うことによって、支払った感覚が残る。また、その為使ってもよいお金の限度がわかる。

デメリット・・・手元にないと支払いができない。もしカードをもっていなければATMなどに行かないといけない。大金を持つと何かあった時(盗まれたりする)どうにもできない。お金の管理をする場合、レシートなどを貰って管理しないといけない。

カード払い


出典:www.businessinsider.jp/post-164502

メリット・・・こちらも現金斗管理しやすいメリットがあります。大半が使った数日後には使用履歴が反映されるので、どこで何を使ったかWEBで確認ができ、ペーパーレスになる。
手元にお金がなくても何かあった時に支払いができる。
ポイント還元してくれるところが多い。

デメリット・・・現金と違い、カード一枚で採算終了になる為使った感覚がなくなる。
お金を使いすぎて現金がない時に我慢できなく使ってしまい支払いができなくなる。
まとめての支払いの為、月初に購入した商品を忘れる。

デビットカード


出典:irst-studentcard.com/debit

メリット・・・カード支払いのようにカード一枚で精算だが、カードを切った時に口座から引き落としがかかる為、口座に入っているお金で精算される。
審査も通りやすい。

デメリット・・・口座にお金が入っていなければ精算できない。
ポイント還元がほぼない。公共料金などの毎月支払いするものに関しては対応ができない。

主にこのような精算方法で皆さん使われているかと思います。
また、最近では○○payといういろんな精算方法がありますが、最終的にはカード払いの支払いになります。

カードにはポイント還元で買い物するだけで値引きしてくれている気分になるような精算方法もありますが、感覚を失うことが多い為、やはり現金の方が良い!という方も多いでしょう。

ただ、カード支払いのような精算方法が多くなってくるような世の中にもなってきているため、使いすぎない方法を紹介していきましょう。

 

スポンサーリンク

 

カードを使いすぎない方法

カードを使わないのが一番かもしれませんが、カード支払いに慣れてしまえば、ポイントも貯まり、お金管理もペーパーレスで手元に現金がなくても支払いができる。という大きなメリットが多いですね!


出典:manetatsu.com/2016/01/56619/

そこで、使いすぎない為の5つの方法です。

  1. 限度額を下げる。
    50万円の利用額であれば10万にしたりすれば一か月10万以上は使うことが出来なくなるので、限度が分かりやすくなります。
  2. 分割支払いリボ払いは使わない。
    分割支払いやリボ払いにすることにより、次月思いもよらなかった金額が上乗せしてくるのでコントロールがしにくくなります。
  3. 毎月明細をチェックをする
    毎月チェックすることで、カード払いはこれぐらいの金額ということも把握できるメリット。できれば、一か月に一回ではなく数回見ていただくこと、もしくは使った数日後に毎度チェックをすることをお勧めします。
  4. カード枚数を減らす
    カードがたくさんあり、いろんなところを使っていると支払いの時にいろんな明細をチェックしないといけないため時間もかかり、効率が悪くなります。
  5. プリペイドカード(スイカ・パスモ・ナナコ)を使用する。
    プリペイドカードは残高も使ったときに確認でき、チャージを毎度することになるので、限度しやすいでしょう。

今までお金で管理していた方であればこれをクリアすれば使いすぎも防げるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ネットでの作業が多くなってきている世の中、カードしか使えなかったりカードの方がポイントがついてお得!なんてこともあります。

現金でお支払いしている方、カード払いをやめてしまった方、もう一度カードを使うことに再検討されてみてはいかがでしょうか?(*^^)v