玉水玲朗(たまみずれお)顔画像!家族はいた?動機なに?中野区で女子中学生の胸を触り逮捕!

速報ニュース

東京の中野区の路上で自転車に追い越しざまに女子中学生の胸を触ったなどの疑いで無職の玉水玲朗容疑者(42)が逮捕されました。

今回は玉水玲朗容疑者の顔画像や事件内容、動機についてまとめてみました。

 




 

事件の内容

東京・中野区で自転車で追い越しざまに、13歳の女子中学生の胸を触ったなどとして42歳の男が逮捕された。男は「10回以上やった」と話しているという。

警視庁によると、逮捕された無職の玉水玲朗容疑者は、先月、中野区の路上で、自転車で追い越しざまに帰宅途中の13歳の女子中学生の胸を触った疑いがもたれている。

現場周辺の防犯カメラには自転車に乗った不審な男の姿が映っていて、自転車の特徴などから玉水容疑者が浮上したという。

調べに対し玉水容疑者は、「10回以上やりました」「胸を触りたいという気持ちを我慢することが出来ず、同じ過ちを繰り返してしまいました」と話し、容疑を認めているという

引用:日テレNEWS

東京の中野区で女子中学生の胸を触る事件が起こりました。

先月、中野区の路上で自転車で追い越しざまに帰宅途中の女子中学生の胸を触ったなどの疑いで無職の玉水玲朗容疑者(42)が逮捕されました。

現場周辺の防犯カメラで自転車の特徴などから不審な男、玉水容疑者の姿を発見したという。玉水容疑者も自転車に乗っていたそうだ。

調べに対して玉水容疑者は「10回以上やりました」「胸を触りたいという気持ちを我慢することが出来ず、同じ過ちを繰り返してしまいました」と供述し容疑を認めているとのことです。

もちろん、歩いているより自転車に乗っているほうが安全ではありますがこのような事件が起こると自転車でも気を付けていかなければいけなくなります。

玉水容疑者は10回以上やったという供述をしていますので、今回被害にあった女子中学生以外にも被害にあった女性がいるということになります。

被害にあった女子中学生も他の被害者の方もとても怖い思いをし通勤、通学が出来なくなっているかもしれません。
このような状況をしっかり理解し玉水容疑者には反省してもらいたいです。

玉水容疑者のプロフィール

玉水容疑者の情報をわかる範囲でまとめてみました。

名前 玉水玲朗(たまみずれお)
年齢 42歳
職業 無職
住所 不明

 




 

玉水容疑者の顔画像、Facebookは?

玉水容疑者の顔画像はニュースで報道されていました。

顔画像はこちら↓


出典:日テレNEWS

次にFacebookですが、同姓同名のアカウントが見つかりませんでした。

特定することが出来ませんでしたが、念のため検索結果を載せておきますので気になる方はどうぞ。
検索結果はこちら

犯行動機は?

調べに対して玉水容疑者は「10回以上やりました」

「胸を触りたい気持ちを我慢することが出来ず、同じ過ちを繰り返してしまった」と供述し容疑を認めています。

犯行動機は女性の体に触れたかったということが動機になりますね。

なぜこのような気持ちになってしまったのか予測をするとしたら

日々のストレスがあったのかもしれません。

だた、女性に触れたいのであれば自分でお金を払えばそのような施設はたくさんあります。
その場所に言っていてればこのような事件を起こさずに被害にあう女性も出ないようにできたのではないでしょうか。

事件現場

事件現場は東京都中野区の路上であるとのことでどこの場所なのかは情報がありませんでした。

新しい情報入り次第追記します。

中野区の場所をGoogleマップで見てみましょう。

 




 

玉水容疑者の家族は?

玉水容疑者の家族構成ですが、今現状情報がありませんでした。

もし予測するとしたら、年齢的にも奥様やお子様と暮らしている・一人暮らし・実家暮らしこのようなことがかんがえられますね。

無職でもあることから実家暮らしであるのかもしれないですね。

ネットの反応

・痴漢とかロリコンとか一定数いるよね…。
病気だって周知して、本人が気づいたらちゃんと治療できる環境整えないと減らない気がする。異常な嗜好をもってしまって困っている人もいるかも。

で、実際犯罪に手をそめたら病気であろうが
被害者がいるんだからしっかり処罰してほしい。GPSつけて。

事前に防止するシステムと、処罰の両方で対策してほしい。

・自分も中学生のころ学校の帰り道で自転車に乗った男に同じことされた。最初は訳がわからずびっくりして、家に帰ってからすごく嫌な気持ちになったけど親にも言えず何も出来ず。もう大人になったけど、こういうニュース見て思い出すだけですごく不快。この女の子は勇気を出して言えてよかったよ。心の傷は消えないけど。

・よくこういう奴が捕まったときに「欲望を抑えられなかった」って、いかにも反省の言葉っぽく供述してるけど、それって、自分は理性のある人間じゃなくケモノと同じだと宣言してるも同然だと思う。何回もやってるし。

やつらに必要なのは「我慢できなかったんだね、これからは我慢しようね」なんて意味のない反省を促すことじゃなくて、人に危害を加えたケモノに相応しい場所に隔離するか常識的で厳しい飼主(監視役)をつけるかして、二度と被害に合う人が出ないようにすることだと思う。

・男は一時の快楽、
女の子は一生背負うかもしれない心の傷

こういう性癖のやつはなかなか治らない。
厳罰を。

・ひどい人だよ。良い年齢の大人が未成年の少女の胸を触るとは、許さない行為だよ。痴漢だよ。注意する立場だよ。情けないよ。私も女性として痴漢をされたことがあるからだよ。許さないよ

引用:Yahooニュース

 




 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回も女子中学生が被害にあう事件が起きてしまいました。

女子中学生に命に別状がなくよかったですが、事件場所を通ることが怖くなってたりする可能性はあります。そのような状況でもあることをしっかり理解し玉水容疑者は反省してもらいたいですね。